相続税対策をするにあたり、税理士はとても大きな存在です

相続税対策のポイント

相続税対策のポイント 遺族が財産を引き継ぎ、税金を納めるときの相続税対策のポイントをご紹介していきます。
まずは支払う税金を安くする方法として、相続財産を減らすために現金・預金・有価証券などを生前贈与したり、不動産を活用し相続財産の評価を下げたり、生命保険の加入して控除額を大きくする方法が、節税対策として行われています。
つぎに税金を支払うための資金の準備も必要で、生命保険の非課税枠を利用したり、空き地や不動産を売却したり、アパート・マンションなど賃貸事業を始めるなど、生前に資金を増やしておく方法が納税資金対策として行われています。
相続人と争わず、問題なく財産を分ける方法として、遺言書で誰にどの財産を贈与するのか決めておいたり、 生前贈与して、遺産分割対策することもとても大切です。
相続で争いがおこると、後々影響することもあるので、生前から相続の対策は行ったほうがよいと思います。
相続税は原則現金で納めなければならないので、節税対策、納税資金対策、遺産分割対策はとても重要です。
知識だけではなく、税理士にご相談することをおすすめいたします。

相続税の節税に強い有能な税理士の見分け方

相続税の節税に強い有能な税理士の見分け方 用意しなければいけない書類や一般の素人ではわからない細かい計算が必要な場合、税理士の力を借りたいと思う所ですが、初めての方は心配や不安もあるでしょう。
相続税に強いとうたっている税理士さんでも、念のために聞いておきたい質問がいくつかあります。
①毎年の様にかわっていく相続税法ですが、常に最新の税法をしっかりと把握しているかを確認する為に、過去2年から3年の間に受け持った相続税などに関する経験数を聞きましょう。
②所属している税理士さんの人数があまりに少ない場合、忙しい時期は対応に遅れやミスが出る可能性もあります。
人数を確認しておきましょう。
③税理士さん本人が自分の足で実際に現場へ向かうかどうかを聞くと良いです。
書類に記載されている数字と実寸が違っていると後々大きな問題になり兼ねません。
逆に、動かない人は少し警戒しても良いと言えるでしょう。
これらの3つの質問で、有能な税理士さんかどうかを自身の目で見極めるのに役立てて下さい。