相続税と権利の兼ね合い

相続税と権利の兼ね合い

相続税と権利の兼ね合い 遺産の相続人になれる人は優先する順位が決められていて、正式な婚姻届が出されていれば配偶者は常に相続人になります。
故人に子がある場合は子が第一順位で、子が死亡等で相続人になれない場合はその子が代襲し、その子もなれない場合はさらに下の世代へと相続の権利が移ります。
養子や認知した子、胎児も含まれます。
子がいない場合は故人の親が相続人となり、父母の両方ともいない時は祖父母へ移ります。
第三位が兄弟姉妹で、その人達がいなければ故人の甥や姪が代襲して相続できます。
相続税は、遺産を相続した人に課されますが、誰が相続人になるかによって相続の割合がかわってきます。
被相続人である故人が遺言によって相続分を指定した場合はその指定された分が、そうでない場合には前述の順位によって相続する分が決まります。
配偶者と子の場合は、配偶者が二分の一で、残りの二分の一が子となり、子が複数人いるときはその人数で頭割です。
配偶者と直系尊属の場合には配偶者が三分の二、直系尊属が三分の一で、配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者が四分の三、兄弟姉妹は四分の一です。
また、相続は純財産だけでなく借金等の負債も含まれる等、相続の権利を有している人にとって遺産を引き継ぐことが必ずしも有利な結果になるとは限らないので、相続の放棄も認められています。
相続税の計算で認められる基礎控除の計算には相続放棄した人の数も計算の基礎に含まれます。

相続税の深刻では有価証券等の書類が必要になる

相続税の深刻では有価証券等の書類が必要になる 一定の相続額を越える場合、必ず相続税の申告が必要となります。
この申告には様々な資料を用意する必要があり、そして相当な知識を必要とします。
そのため、個人で行うのは非常に難しいため、税理士に任せるのが一般的です。
ただ、任せっきりというわけにはいかないので注意が必要です。
相続側もできる限りの書類を集める必要があり、たとえば銀行通帳や保険証、それから有価証券等、故人が所有していた金融資産の内訳を知ることが大切なのです。
すべてを明らかにした上で、相続税の手続きを行わない場合、数年後で税金を納めるように通知があります。
無駄な税金を納めたくないと思うのであれば、まずは資料を揃えて、確実に税理士に渡すようにしましょう。
なお、できることなら家族が亡くなる前に準備を行っておいた方がよいです。
なぜなら亡くなったあとでは忙しさのあまり判断力が低下して、申告に漏れが発生する可能性があるからです。
事前に話をして資料を集めておきましょう。